FPGA(1)-MAX10について調べてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

FPGAはfield-programmable gate arrayの略です。FPGAはマイコンとは違います。PICはソフトウェアで処理を行うのに対して、FPGAはハードウェアで処理をします。PICは論理回路が決まっておりますが、FPGAは論理回路設計からする事ができます。今回はFPGAを試してみるために、MAX10を使ってみたいと思います。

まずは、FPGA MAX10を用意する必要があります。私は下記の3点を購入しました。

(1).FPGAの書籍です。FPGA MAX10搭載基板や書き込み器製作用プリント基板、ソフトウェア一式が付いてきます。あくまで基盤なので、搭載部品をはんだで取り付ける必要があります。

(1)MAX10(2)ライタ(3)DVD付き! FPGA電子工作スーパーキット (トライアルシリーズ)

新品価格
¥4,950から
(2021/2/13 23:05時点)

(2).FPGA MAX10搭載基板に必要な部品を取り付けてある完成品です。こちらに関しては、必要なところをはんだでショートする必要があります。

マルツ MAX10-FB(FPGA)基板 全実装版 【MTG-MAX10-FB-F】

新品価格
¥8,445から
(2021/2/13 23:06時点)

(3).書き込み器製作用プリント基板に必要な部品を取り付けてある完成品です。

マルツ MAX10-JB(JTAG)基板 全実装版 【MTG-MAX10-JB-F】

新品価格
¥4,210から
(2021/2/13 23:07時点)

(1)に取り付ける部品のセットも販売しています。こちらを使用してもよいと思います。

マルツ JB基板仕上げ部品セット 【MTG-MAX10-JC-S】

新品価格
¥2,032から
(2021/2/13 23:07時点)

次回から論理回路設計やプログラムを使用して動作させていきたいと思います。

2021年2月13日 | カテゴリー : FPGA | タグ : , | 投稿者 : prog