MCU STM32(1)-アナログデータのサンプリング

今回は、アナログデータのサンプリング機能を構築したいと思います。具体的には、サンプリング周波数1HzでAD変換を行い、RS232C通信を使用して、AD変換した値を送信します。下記のようにAD変換した値が送信されます。

使用するマイコンは、「STM32F446」です。使用するボードは、「STM32F446」マイコンが搭載されている「NUCLEO-F446RE」です。開発環境は、「STM32CubeIDE」を使用します。

「STM32CubeIDE」は下記のサイトからダウンロードできます。

https://www.st.com/ja/development-tools/stm32cubeide.html

SMT32マイコンに関しては、下記のサイトでもレポートにしてありますので、よろしかったら参考にしてください。

プログラミングのあれこれ

それでは、アナログデータのサンプリング機能を構築したいと思います。まずは、新規プロジェクトを作成します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。