アナログ回路(4)-ダイオードブリッジ回路

前回は、抵抗、LEDを並列に接続した回路を作成しました。前回の内容は下記のリンクを参照してください。

アナログ回路(3)-並列回路

今回は、ダイオードを使用した回路を作成しようと思います。交流を直流に変換する回路を構築します。

使用する環境は下記のとおりです。

  • Windows10
  • LTspice XVII

LTspiceを使用して、回路図を作成して、回路を作成したらシミュレーションを行いたいと思います。

まずは、ダイオードの動作を確認してみたいと思います。下記のような回路を構築しました。電流は 100mA 流す回路にしたいと思います。ダイオードの順方向電圧は、データシートより、950mA になります。抵抗にかかる電圧は、4.05V になるので、抵抗値はオームの法則より 40.5Ω になります。電源は交流で、振幅5Vの周波数50Hzです。

シミュレーションを実行すると下記のような結果を得ることができました。抵抗に流れる電流値を表示しています。

マイナス電圧になったと時に、ダイオードが電流を流さないため、上記のような電流値になっています。

それでは、ダイオードブリッジを作成して、交流を直流に変換してみたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。