MCU STM32(2)-アナログデータのサンプリング(Mbed)

以前、GR-ROSE(開発環境:e2studio)、NUCLEO-F446RE(開発環境:STM32CubeIDE)で本機能を構築しました。これらの内容は下記のサイトを参考にしてください。

GR-ROSE(1)-アナログデータのサンプリング

MCU STM32(1)-アナログデータのサンプリング

今回も使用するボードは、NUCLEO-F446REですが、開発環境を下記のものにしてアナログデータのサンプリング機能を構築したいと思います。

  • Visual Studio Code
  • GNU Arm Embedded Toolchain
  • opneOCD

これらの開発環境においての機能構築に関しては下記のサイトでも紹介しておりますので、参考にしてください。

Mbed | プログラミングのあれこれ

今回はサンプリング周波数500khzで、アナログデータを取得して、取得したデータをDACで出力する機能を構築したいと思います。下記は、NUCLEO-F446REでパルス波をアナログ値で取得して、DACでそのまま出力した結果になります。

それでは機能を構築したいと思います。
まずは、新規プロジェクトの作成を行います。
新規プロジェクトの作成方法は、下記のサイトを参考にしてください。

Mbed | プログラミングのあれこれ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。