FPGA MAX10(17)-Nios II マルチコア

前回は、MAX10にNios Ⅱを搭載して動作をさせてみました。Nios IIの周辺機器としてTimerを配置してLEDの点滅回路を構築しました。前回の内容は下記のサイトを参考にしてください。

FPGA MAX10(16)-Nios II

前回、timer_0とtimer_1を用意してtimer_0にfor文をのwait処理を入れました。すると、1秒間隔で点滅していたLED0とLED1が約12秒間隔で点滅するような動作になりました。timer_0で動作しているLED0はともかく、timer_1で動作しているLED1まで約12秒間隔になってしまうのはなぜでしょうか?CPU1個の動作であり、順次処理をしているので、timer0の処理で止まってしまい、timer1にまで影響を及ぼしているためです。では、CPUを2個搭載すればよいのでは?ということで、今回はCPUを2つ搭載して動作させてみたいと思います。機能としては、前回と同様にTimerによるLED点滅回路になります。

それでは、Nios Ⅱを2つ使用したLEDの点滅回路を構築したいと思います。まずは新規プロジェクトを作成します。新規プロジェクトの作成方法、下記のリンクを参照してください。

FPGA MAX10(4)-LEDシフト点灯回路

まずは、Platform Designerを使用して、各コンポーネント(CPUや周辺機器など)を配置、接続します。メニューより「Tools」→「Platform Designer」を選択します。Platform Designerの画面が表示されます。Platform Designerの設定内容方法は、下記のサイトを参考にしてください。

FPGA MAX10(15)-AD変換

System Contentsに下記のように追加されたコンポーネントが表示されています。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。

FPGA MAX10(16)-Nios II

前回は、MAX10に搭載されているADCを使用してAD変換を行いました。AD変換した電圧の値を7セグメントに表示する機能です。7セグメントに表示する値は、入力電圧を1000倍した値を表示します。前回の内容は下記のサイトを参考にしてください。

FPGA MAX10(15)-AD変換

今回は、MAX10にNios IIを搭載して動作をさせてみたいと思います。Nios IIは、Intel社から提供されているCPUです。Nios IIの周りに周辺機器を配置すればマイコンのような動作をさせることができます。機能としては、Timerを使用したLEDの点滅回路を構築します。

それでは、Nios IIを使用したLEDの点滅回路を構築したいと思います。まずは新規プロジェクトを作成します。新規プロジェクトの作成方法、下記のリンクを参照してください。

FPGA MAX10(4)-LEDシフト点灯回路

まずは、Platform Designerを使用して、各コンポーネント(CPUや周辺機器など)を配置、接続します。メニューより「Tools」→「Platform Designer」を選択します。Platform Designerの画面が表示されます。Platform Designerの使い方は、下記のサイトも参考にしてください。

FPGA MAX10(15)-AD変換

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。